お料理すること食べること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フルーツとナッツがたっぷりのパン

少し前にTURUYAで買った、フルーツパンが美味しかったので真似っこ。具?をいーっぱい入れて焼きました。全粒粉入り。

かっこよく焼けたなあ。にまにま。
SSCN6643.jpg

早速味見。ワインに合いそう。
SSCN6642.jpg

〈08.3.16データ〉
リスドオル 220g はるゆたか全粒粉 30g 
元種130g 塩4g きび砂糖12g
水 140CC 
レーズン・プルーン・くるみ・ひまわりの種・松の実

室温 20度
一次発酵 4時間30分(発酵ヘルパー使用)
ベンチ  15分
2次発酵 70分(お湯のコップとともにビニールかぶせて室温)
220度で18分 焼く

ついでに、自転車の練習会に出かけたほりさんがお土産に買ってきてくれた、縄手通り『ふるさと』の鯛焼き。ちょうどお昼だったので、これがお昼ご飯になりました。ひとつはウィンナソーセージとマヨネーズ、もうひとつは、北海道の豆を使った自家製餡です。おいちーーー。(^0^)
SSCN6633.jpg
スポンサーサイト

コメント

No title

いいですね~美しいクープですv-238
ウチもたまにはリスドオル使ってみようかな~・・・当たり前なんですけど粉で焼き上がりが全然違うって事に驚きます。。

  • 2008/03/17(月) 08:11:51 |
  • URL |
  • りり #8ceG/hUQ
  • [ 編集 ]

No title

りりさん、おはようございます。
クープが開くと、ほんと幸せ~って気分になりますね。(^^)

小麦粉にも個性があるなんて、パンを焼くまでわかりませんでした。奥深いですよね~。

フランス用の粉は何種類か使ってみたんですが、リスドオルが一番家の好みに合うみたいです。タイプERは、もっともちもちしてましたがちょっと重い感じでした。色はクリーム色で好みだったんですけどね。

  • 2008/03/17(月) 08:26:17 |
  • URL |
  • kazumi #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。