お料理すること食べること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごちそうさまー!

今日は1日、お出かけの日。途中、安曇野市の「道の駅ほりがね」でお昼ご飯を食べました。
ここは地元のおばちゃんたちがやってる食堂で、手打ち蕎麦も美味しいのです。でも今日は、『おにぎり定食』を注文。

おにぎりは、6種類の中から2つ選べます。しその実シメジと、菜飯を選びました。
今日のおかずは、切干大根・青菜とツナの和え物・玉子焼き・青トマトのピクルス・湯豆腐・サラダ・漬物・ほうれん草と玉ねぎとワカメのお味噌汁 どれも手作りの、やさしい味です。これで600円。すごいね。

家に帰ったら、MARIAさんからの差し入れが届いてました。手作りのおいなりさ~ん!


豆腐のとろとろ炒め(ウーウェンさんの本より)
蓮根とニンジンとワカメのお味噌汁   をほりさんが作ってくれたので、
SSCN6786.jpg

私は新玉ねぎとトマトのサラダを作っただけで晩ご飯が出来ました。ごちそうさま!!!

スポンサーサイト

ぴかぴかバターロール

生地に混ぜ物が入ったパンが続いたので、今日はバターロールを。めずらしくつや出しの溶き卵も塗りました。卵サンドや、ホットドックにするのもいいなあ。
SSCN6766.jpg

〈08.3.27データ〉
はるゆたか 250g  
元種130g 塩4g きび砂糖12g
水 140CC バター15g スキムミルク15g 

室温 21度
一次発酵 5時間(発酵ヘルパー使用)
ベンチ  15分
2次発酵 70分(お湯のコップとともにビニールかぶせて室温)
210度で12分焼く

ほりさんが作ったご飯

今日はほりさんが、味噌汁だけでなく晩ご飯のおかずも作ってくれました。
例の、大好きな炒め物の本の中から、『魚のオイスターソース炒め』。

本のレシピでは生鮭だったのを、たまたま家にあったタラ(丸干し)で作ったので、タラの塩加減をチェックしたり、調味料の量を調節したりして工夫してました。美味しかった~!
しょうが・ネギ・唐辛子・オイスターソースと黒酢などを使った味付けで、他の魚はもちろん、豚肉や鶏肉で作っても良さそう。
SSCN6758.jpg

全然手伝わなかったけど、段取りもよく、100点の出来でした。上達してるねぇ!(^^)

他に、ほうれん草のおひたし・すんきのお味噌汁・赤かぶの漬物・いちご

高山で買ってきたものと朴葉焼き

高山で、いろいろとお買い物をした。旅先のお買い物は、格別に楽しいねー。

今回購入したのは・・・
商店街の民芸品店でアケビ細工の籠。籠が大好きなので、見つけるとつい買ってしまう。ほりさんが、(籠なら家にいっぱいあるじゃん・・・。)という顔をしたけれど、構わず購入。だって惚れ惚れするようないい籠なんですもん。買ってよかったー♪
“むかしの町並み”で駄菓子2種、手作りのさるぼぼ3匹、和ろうそく。
朝市で、赤かぶの漬物2種・朴葉10枚。宿の近くの製麺所で、高山ラーメンと高山蕎麦。



家に帰っての晩ご飯は、朝の甘すぎた朴葉焼きリベンジをしました。自家製味噌にみりんを少しだけ入れて、豆腐とつきこんにゃくでいただきました。うま~!他に、ワカメのお味噌汁と、朝市で買ってきた赤かぶの漬物。
ごちそうの後のこんな晩ご飯は、ほっとします。
SSCN6750.jpg

飛騨牛と飛騨牛乳の旅

1泊2日で岐阜県の高山に行ってきました。前からちょっと行ってみたかった飛騨高山。
まず高山市内に入ってすぐの「くぬぎ」というお店で飛騨そばを食べます。麺が細くてスープが透明なラーメンです。おいしひ!

そして、“昔の町並み”へ。木曽の奈良井宿のような雰囲気ですが、もっとずーっと長く、お店も多くて楽しい。横道にそれても、趣のある町並みが続いています。


麹の香りが漂う造り酒屋の薄暗い店内で、枡酒を注文。(ほりさんのみ)
SSCN6744.jpg

この後夕方までお店を覗きながらぶらぶらお散歩をし、旅館に戻ってお風呂に入って、飛騨牛づくしの晩ご飯をいただきました。しゃぶしゃぶ、ローストビーフ、牛肉のたたき、牛刺し、牛肉のポン酢和え、牛肉の胡麻だれ和え、その他いろいろ。どれも素晴らしく美味しいお肉だった。美味しすぎて写真撮るの忘れてた。

朝ごはんには、飛騨牛の朴葉焼き。朝から豪勢です。でも、ちょっとお味噌が甘すぎでした。いいお肉なのに残念。
SSCN6742.jpg

高山名物の朝市を見に行って、お昼前に『ひら湯の森』へ。ここのお風呂、すごくよかったよ~。露天風呂が7つだか9つだかあって、温度が微妙に違います。内湯も広々、洗い場も使いやすい。お湯は透明に近い薄い乳白色で、ほのかに硫黄の匂い。
朝の高山は小雨模様だったのですが、なんと平湯では雪だったので、思いがけず雪見風呂を楽しめました。
SSCN6741.jpg

SSCN6740.jpg

お風呂上りは、飛騨酪農のオレンジ牛乳。おいしい~~~~!!!
SSCN6739.jpg

8ヶ月のお腹を抱えていたのであまりあちこちは回れなかったけど、ゆったりのんびりの楽しい旅でした。食べ過ぎて体重増えたかも。(^^;明日から粗食でがんばろー。

あづみ堂のおやき

久しぶりにオートバイ(SR500)のエンジンをかけてみたほりさん。冬の間はちっともかかんなかったのに、今日はあっさりかかったそうで。穂高に行って、お土産にあづみ堂のおやきを買ってきてくれました。

ここの、長なすのお焼きが私はこの世で一番好き。もっちりした小麦粉の皮に、ナス・白味噌のたれ・青シソの葉っぱが入っています。かじると、甘い味噌だれがぷちゅ!っと出て来るんだよぉ。
これだけは、独り占めして食べないと。誰かと半分こなんてしたら、お味噌がだ~っとこぼれてしまいます。

手前の細長いのが長なす。丸いのは、野菜ミックスとそばおやきのしいたけ。蒸篭でふかすと出来たての風味です。


これに、ごぼう・豚肉・青ネギ・春雨の鍋・すんき漬けの味噌汁、が今日の晩ご飯。

蒸篭の小道具

家の蒸篭は直径21センチ。蒸篭を乗っける鍋も、21センチ。ぴったりのように見えて、じつは上に乗っているだけではまっていないので、慎重に乗せないとぐらりと斜めに傾いちゃって危険でした。

りりさんから、「蒸篭と鍋の間にかませる穴の開いた板状のもの」の存在を教えてもらい、自作できるかも?とも教えてもらい、100円ショップに探索に。

いいものが見つかりました。一口用五徳のアルミカバー、3枚100円。

ふちに段差が着いていて、これならもう少し小さいサイズの鍋でも行けそうです。
早速、蒸篭と鍋の間にかませて見ると、すごーく安定しています!しかも蒸気が脇から漏れることなく、効率アップ。これは素晴らしい。問題は耐久性ですが、変形するまでは使えそう。いい事教えてもらっちゃいました。りりさんありがとー!
SSCN6713.jpg

木の実のバケット

ライ麦粉入の生地で、木の実をたくさん入れて焼きました。知らなかったのですが、ヘーゼルナッツってハシバミの実なんですね。「ヘーゼルナッツ」だとチョコレートを思い浮かべるけど、「ハシバミ」といわれるとグリム童話を思い出します。
「ハシバミ入りのパン」は、「ヘーゼルナッツのパン」よりもなんとなく美味しそうだ。

ちなみにカボチャの種は、こないだ食べたカボチャの種を乾かして、ちまちま皮をむいて、ローストして使用しました。 私は暇なのか?(いやそんなことはないんですけど^^;;;)

ちょっと焦げちゃったね。後半温度下げればよかったかな。でも、中はふんわりと柔らかく焼けました。
SSCN6703.jpg

SSCN6697.jpg

〈08.3.23データ〉
リスドオル 100g タイプER125g ライ麦粉25g  
元種130g 塩4g きび砂糖12g
水 140CC
ハシバミ・カボチャの種・くるみ

室温 18~20度
一次発酵 4時間30分(発酵ヘルパー使用)
ベンチ  15分
2次発酵 70分(お湯のコップとともにビニールかぶせて室温)
220度で20分焼く

新しい料理の本

新しい料理の本を買いました。ウー・ウェンさんの『大好きな炒め物』

山本麗子さんの『失敗ナシ!はじめての男の手料理 決定版 』とどっちにしようか迷ったのだけど、小麦粉料理の本でほりさんが馴染んでいたので同じ著者のものにした。そうです、これはほりさん用に買ったのです。(今後は味噌汁のみならずおかずも作ってもらおうというもくろみ。)

届いた昨日は、ホイコーローを作ってみました。これは私が作った。ホイコーローって、使う調味料が少ないんだね。テンメンジャンと醤油と塩だけです。豚肉とキャベツをさっと湯通しして作るので、炒め物だけどさっぱりとしてたくさん食べられます。
SSCN6677.jpg

そして今日ほりさんが挑戦した、もやし炒め。ちゃんと本の通り、ひげ根を1本ずつ取っていました。私だったらきっとやらない。(^^;;;手をかけただけのことがある、とってもおいしい一品でした。もやしが甘くてしゃきしゃき~!
SSCN6691.jpg

明日は、卵とトマトの炒め物を作ってくれるそうです。楽しみだな~♪

新しいミシン

買いましたっ。今までのがどうにも調子悪くて、修理に出そうかどうしようかと迷ったけど結局新しいのにした。たくさんの機能は要らないのだし、このシンプルなミシンなら修理費ともうちょっとで買えるし・・・。


まだ使ってないけど、評判の良さそうなミシンなので楽しみです。

オニオンロール

玉ねぎのみじん切りをオリーブオイルで炒めて、ハム・マヨネーズ・胡椒とパセリを混ぜたものを巻き込んで焼きました。惣菜パンはちょっと久しぶり。そういえば、カレーパンもしばらく焼いてないなあ。
SSCN6669.jpg

〈08.3.21データ〉
はるゆたか 250g  
元種130g 塩4g きび砂糖12g
牛乳 140CC バター15g 
玉ねぎ・ハム・胡椒・パセリ・マヨネーズ

室温 21度
一次発酵 4時間30分(発酵ヘルパー使用)
ベンチ  15分
2次発酵 70分(お湯のコップとともにビニールかぶせて室温)
210度で12分焼く
SSCN6673.jpg

お釜でカステラ!?

MARIAさんのブログの付録(?)の、レシピBar にあったお釜でチーズカステラ
炊飯器でケーキが焼けるなんて、おもしろ~い。(^^)と、作ってみました。焼く時間を入れても1時間くらいで出来上がる予定だったんですが・・・

レシピの通り、早炊きモードで焼いてみたら、機種が違うせいかぜんぜん焼けていない!まるで生。もう一回早炊きスイッチをおして、ようやく焼きあがりました。そのせいか、ちょっと皮?が固くなってしまった。素直にオーブンで焼いた方が早くて美味しいかも。(--;

でも、中身はしっとりのふわふわです。ほんのりチーズの香り、プロセスチーズの塩気が楽しいカステラです。


SSCN6663.jpg

だがしかし、我家は炊飯器でお米を炊かなくなって久しい(お鍋で炊いている)ので、物入れの奥の方にある炊飯器を出してくるのが一苦労。これって本末転倒?

ひまわりのカンパーニュ

SSCN6653.jpg

〈08.3.18データ〉
リスドオル 250g  
元種130g 塩4g きび砂糖12g
水 140CC 
ひまわりの種

室温 20度
一次発酵 室温で4時間 発酵ヘルパー使用で2時間
ベンチ  15分
2次発酵 70分(お湯のコップとともにビニールかぶせて室温)
220度で20分 180度で10分焼く

今日は午前中にお出かけの用事があって、朝仕込んだ生地は室温で放置。昼に帰宅してから発酵ヘルパーを巻く。そのまま放置しても発酵するけど、焼き上がりが晩ご飯の仕度と重なって慌しいので、時間短縮のためにヘルパーを使用しています。

ちなみに、こんなの↓。
SSCN6652.jpg

フルーツとナッツがたっぷりのパン

少し前にTURUYAで買った、フルーツパンが美味しかったので真似っこ。具?をいーっぱい入れて焼きました。全粒粉入り。

かっこよく焼けたなあ。にまにま。
SSCN6643.jpg

早速味見。ワインに合いそう。
SSCN6642.jpg

〈08.3.16データ〉
リスドオル 220g はるゆたか全粒粉 30g 
元種130g 塩4g きび砂糖12g
水 140CC 
レーズン・プルーン・くるみ・ひまわりの種・松の実

室温 20度
一次発酵 4時間30分(発酵ヘルパー使用)
ベンチ  15分
2次発酵 70分(お湯のコップとともにビニールかぶせて室温)
220度で18分 焼く

ついでに、自転車の練習会に出かけたほりさんがお土産に買ってきてくれた、縄手通り『ふるさと』の鯛焼き。ちょうどお昼だったので、これがお昼ご飯になりました。ひとつはウィンナソーセージとマヨネーズ、もうひとつは、北海道の豆を使った自家製餡です。おいちーーー。(^0^)
SSCN6633.jpg

梅が咲いた!

とは言っても庭の梅が咲くのは、もう少し先。

3月始めにほりさんが剪定してくれた梅の枝。小さいつぼみがたくさん付いていて、捨てるのもったいないなーと思って花瓶に差しておいたのが、いよいよ、本日開花です!
SSCN6630.jpg

仕事場の、ガスバーナーのそばの花瓶が一番よく咲いてます。
SSCN6627.jpg

玄関のもほころび始め。
SSCN6628.jpg

家中、梅の香りでいい気分~♪(^^)

りんごで酵母おこし その後

酵母おこしスタートから丸4日。今朝瓶を開けたら、シュワシュワ~~~っと泡だちました。切っただけのりんごの方は、シードルのようなさわやかな香り。このまま飲みたいようないい香り。すりおろしの方は、もう少しすすんだ香りです。この後は冷蔵庫に保存します。

泡が消えた後に撮影したので、いまいちな感じですが・・・


包子(パオズ)を作ろう。

今日はほりさんも私も、仕事が一段落。お休みの日にしました。
午前中は、市長選の不在者投票に行き、その後松本市美術館に『やなせたかしのアートな世界』を見に行き、(今日はホワイトデー記念とかで、カップルで行くと女性が無料!)
買い物をして帰宅して、お相撲観戦して、

夕方からは、前からやってみたかった包子(パオス)作り。平たく言えば肉まんです。ウー・ウェンさんの『北京小麦粉料理』をお手本に。

ドライイーストで一次発酵させた生地で、餡を包みます。生地がよく伸びるので、餃子よりも簡単。
SSCN6615.jpg

小さくきったクッキングペーパーに乗せて二次発酵。
SSCN6614.jpg

こないだ買った蒸篭が大活躍!肉まん大きすぎで、みっちみちに膨らみました。(^^;


豚肉と長ネギの餡と、
SSCN6612.jpg

えびとほうれん草の餡と、
SSCN6611.jpg

どっちも美味しかった~。皮もふかふかで、申し分なく出来ました。
粉物料理は面白い。今度は花巻を作ってみたいな。

一応レシピは続きに・・・
【“包子(パオズ)を作ろう。”の続きを読む】

まるパン

はるゆたか使用の、何にも入ってないシンプルなパン。
まあるいパンが、ころんころんと並んでいるのはかわいいね。


〈08.3.13データ〉
はるゆたか 250g 
元種130g 塩4g きび砂糖12g
バター 15g スキムミルク 10g 水 140CC 

室温 20度
一次発酵 4時間30分(発酵ヘルパー使用)
ベンチ  15分
2次発酵 70分(お湯のコップとともにビニールかぶせて室温)
210度で12分 焼く

りんごで酵母おこし

ヨーグルトで培養しつつちびちびと使っていた前回のりんご酵母がとうとうなくなったので、新しいのを仕込みました。刻んだのとすりおろしと、両方つくってみます。うまく行くかなー。


暖かいところを探して、オイルヒーターのそばに置きます。スタートは3月13日午前9時20分。

あつあつほかほかの焼き芋♪

静岡のおじさんおばさんから、しらす干しとさつまいもが届いたー!
きれいなワイン色が輝くようなお芋、すごく新鮮そう。さつまいも掘りは秋の遠足の定番だったけど、静岡では春にも採れるのだろうか?早速おやつにいただきます。

オーブンを160度にセットして、余熱なしで60分。
お芋や野菜は、低温でゆっくり焼くと甘みが増えるんだって。
焚き火で焼くのにはかなわないけど、これもかなり美味しい。芋羊羹?とおもう程の甘さでした。


あれこれ手を加えなくてもこんなに美味しいなんて、さつまいもはえらい!

ベーコンパンとカステラ再び

先日からベーコンパンをリクエストされていたのであるが、ベーコンがまだ出来てなかった。
もうすぐ自家製ベーコンが出来るのに市販のを買うのもしゃくなので、「また今度ね」と先伸ばしにしていたのです。
リスドオル使用の生地で、半分に刻んだベーコン(の端っこ)を混ぜて焼きました。半分はそのままで。カルシウム配合のスキムミルクも入れてみた。

クープがきれいに開いた!気持ちい~(^0^)
SSCN6573.jpg

〈08.3.10データ〉
リスドオル 250g 
元種130g 塩4g きび砂糖12g
スキムミルク 10g 水 140CC 

室温 20度
一次発酵 5時間(発酵ヘルパー使用)
ベンチ  15分
2次発酵 70分(お湯のコップとともにビニールかぶせて室温)
230度で13分 焼く

さて、前回上手く出来て大変気をよくしているカステラ作り。また違うレシピを見つけたので、ちょっとアレンジしながら作ってみました。参考にさせてもらったのはこれ
サラダ油はこないだ入れなくても出来たので半分に、砂糖も、3分の2に減らす。そして、粉に大さじ1弱の抹茶を加えました。
SSCN6571.jpg

粉を中力粉にしてみたのだけど、私には違いがわからなかった。(^^;
甘さは十分、というか家で食べるならこれくらいの方が、たくさん食べられて良いと思う。

ベーコン作り他いろいろ

京都に行く前に塩漬けしておいた豚バラ肉を夕べ塩抜きして、一晩外に干しておきました。
で、今朝からスモークをかけました。
ちょっと温度をかけすぎたか?と思ったが、味見をしたらジューシーでとっても美味しい。3日後くらいから、もっと美味しくなります。保存食は面白いなあ。


KOMAちゃん直伝のサルサソースを作ったり、
SSCN6559.jpg

これ以上外に出しておくとやばそうな雰囲気の野沢菜漬けを小分けにして冷凍して、樽の底に半端に残った分は塩抜きして煮ました。(←信州の春の味^^)

ほりさんが自転車ツーリングに行って留守なので、他にもいろいろ仕事が片付きました。
家にいるからって、あれこれ世話を焼いてるわけではないんだけど、不思議と留守の時はいろんな事がはかどります。(^^;

くるみあんパン・チーズパン

ちょっと久しぶりの具入りパン。お昼が軽めだったので、焼き立てを3時のおやつにしました。
私はあんパン&牛乳、ほりさんはチーズパン&野菜ジュース。
焼きたてはやっぱり、特別においちい。(^^)

ローストしたくるみをごろごろ入れたあんパンは、香ばしくて良い相性でした。
チーズは中に雪印プロセスチーズ・上にはグリエールチーズをトッピング。


〈08.3.8データ〉
はるゆたか 250g 
元種130g 塩4g きび砂糖12g
バター 15g スキムミルク 10g 水 140CC 

室温 20度
一次発酵 5時間(発酵ヘルパー使用)
ベンチ  15分
2次発酵 70分(お湯のコップとともにビニールかぶせて室温)
210度で13分 焼く

今だけのお蕎麦

スキーの帰りに再び家に寄ってくれたみえ粉ちゃんと、お昼を食べに行きました。

家から一番近いお蕎麦屋さん『田舎家

冬の間だけの限定メニュー、すんき蕎麦をいただきました。すんきは木曽地方の塩を使わない漬物で、アミノ酸たっぷりの発酵食品。お蕎麦にトッピングするとなんとも言えない美味しさなのです。


美味しい蕎麦を食べて、お土産用のすんきを購入して、みえこなちゃんも堀金家も超ご機嫌♪

タイ風カレー

昨日の晩ご飯用の骨付き鶏が残っていたので、今日はカレーにしました。
先日京都駅の地下で購入した、タイ風グリーンバジルカレーと、ココナッツミルク缶を半分使って作りました。上品な味で香りがよく、おいしかった。その上あっという間に出来ます。
アジアンホームグルメというメーカーのものでした。見つけたらまた買おう。

タイ風カレー(骨付きチキン・ブロッコリ・大根・なす・かぼちゃ)
大根と糸寒天のサラダ トマトドレッシング


デザートにココナッツ汁粉。
(残り半分のココナッツミルク缶に牛乳とコンデンスミルク、冷凍庫にあった自家製つぶ餡を混ぜる)

ところで、タイ風カレーって脳内で台風カレーって変換してしまいませんか?

カステラを作ろう!

今日のメインのお楽しみは、『家でカステラを作る』です。
みえこなちゃんは、わざわざこの為に来たといっても過言ではない。レシピは、ずーっと前にりえちゃんがブログに紹介していたのをブックマークしておいたもの。これです。

家に帰って、早速作業開始。

まず、新聞紙で型を作ります。1辺が22センチくらい、高さが8.5センチの型が出来ました。
SSCN6521.jpg

アルミホイルを敷きます。
SSCN6520.jpg

全卵に砂糖を入れて、ハンドミキサーで泡立てます。
SSCN6519.jpg

10分泡立てて、牛乳・蜂蜜・強力粉を混ぜた生地。
SSCN6518.jpg

超うれしそうなみえ粉ちゃん。
SSCN6517.jpg

型に流しいれて~
SSCN6516.jpg

ゴムベラで泡きり。
SSCN6515.jpg

じゃーーーん!!!オーブンの中段・180度で8分、下段150度で70分焼きました。
SSCN6530.jpg

ふかふかで、もっちりで、蜂蜜とたまごのいい香り~。すごーくおいしい!お家で作るカステラって最高!
SSCN6531.jpg

おきな堂でランチ

みえこなちゃんが遊びに来てくれたので、一緒に昼食を食べに出かけました。
今日のお店は、女鳥羽川沿い洋食屋さん、『おきな堂』。縄手の四柱神社のちょうど対岸にあります。

私は日替わりランチのロールキャベツ。お野菜たっぷりでした。スープ・ご飯とデザート付!向こうに見えるのは、みえ粉ちゃんのビーフハヤシライス。ここのハヤシライス、おいしいよー。
SSCN6523.jpg

ほりさんは、念願のポークステーキ定食。鉄板に乗ってジュージューと出てきます。醤油のこげた香りが素晴らしい。
SSCN6524.jpg

デザートのプリンは、カラメルがほろ苦くてとてもおいしかった。
SSCN6522.jpg

食後に中町と縄手を歩きました。が、水曜日はお休みのお店が多くてちょっと残念。楽しみにしていた『ふるさと』の鯛焼きも、『10C農房』(生ジュース屋さん)もお休みでした。

でも、今日のお楽しみは家に帰ってからなのだ。うしししし。

京都で買ったもの

三条寺町の中国雑貨店で。ちょっと太ったミッキーカーチスみたいなおじさんが店番してた。
SSCN6495.jpg

オレンジペコ90g 472円 プリンスオブウェールズ90g 577円 共にスリランカ産
ここの紅茶、安くておいしいんだよ~。
中華用蒸篭 18センチ 身2つ蓋1つ 1890円
前から欲しかった蒸篭。何つくろーかなー。シュウマイ?饅頭?うひうひ。
京都文化博物館で湯豆腐の絵葉書 150円。

京都駅地下(ポルタ)の輸入食品店で
SSCN6493.jpg

バリラのマカロニ タイ風グリーンバジルカレー 4色粒胡椒
たねなしスッパイマン(ほりさんが大好きなお菓子)

他に、京都駅で一保堂のほうじ茶。できたら二条通り御幸町の柳桜園に買いに行きたかったけど、時間がなかった。赤子の衣類とか京都案内の雑誌も購入しました。旅先の買い物は楽しいねぇ。(^^)

国産小麦でカンパーニュ

旅行前に焼いたパンが冷凍庫に入ってはいるのだけど、4日間放置した元種が「早く焼いてくれ~~~」と騒ぐので、今日もパン焼き。

昨晩8時ごろに捏ねた生地を、室温で一晩おきました。今朝7時半にはちょうどいい具合に一次発酵終了。今日の粉は富澤商店の北海道産です。リスドオルに比べて、粉の色がクリーム色っぽい。縞々にクープを入れたら、ちょっとだけ楕円形のパンになりました。



〈08.3.4データ〉
北海道産ハードブレッド専用粉 250g 
元種130g 塩4g きび砂糖12g
水 140CC 

室温 18度
一次発酵 11時間30分
ベンチ  15分
2次発酵 70分(お湯のコップとともにビニールかぶせて室温)
220度で15分 180度で15分 焼く

思いがけずご馳走

MARIAさんのブログ見ていたら食べたくなって、秋刀魚を煮ました。梅干としょうがを入れて、圧力鍋で10分。骨までやわらか~く、煮えました。ここの所、ハードな食事が続いたので、これと野菜で今日は地味に行こう。と。

ところが、岡谷の鰻やさんに撮影に行ったほりさんが、鰻の蒲焼をお土産に貰ってきてくれて思いがけないご馳走になりました。ちゃんと炭火で焼いた鰻、おいしかった!

鰻の蒲焼
秋刀魚の梅干煮
ブロッコリ・トマト・もやし・ワカメ・ごまのサラダ
もやしとワカメの味噌汁
野沢菜


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。