お料理すること食べること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実家のお向かいに

20080229165716
カフェが出来てました。姪っこ達とケーキを食べにきたよ。

レ・トワ・メゾン
スポンサーサイト

梅園の茶店にて

20080229113435
お茶とお菓子。高校生の時に、ここでアルバイトしてました。

三分咲き

20080229111849
いい匂い

北野天満宮

20080229111231
梅を見に来ました。

船岡温泉

20080228180058
実家の近くの銭湯へ。露天風呂とサウナがあって、390円。

イノダコーヒ三条店

20080228134750
ケーキセットを食べる。

京都に来ました。

20080228133715
四条高島屋の鼎泰豊で小龍包。

晩ご飯はパンごはん

納得のカンパーニュが焼けました!やっほ~~~い。
上手に出来たパンはすぐに食べたいので、晩ご飯にします。


久しぶりに、ワインもコップに半分いただきました。おいしいパンと赤ワイン。幸せ~(^。^)

鶏肉とまいたけのガーリックソテー
ふかしじゃが芋・ほうれん草の付け合せ
野菜のコンソメスープ(大根・ニンジン・スナップエンドウ)
カンパーニュ&バター
SSCN6456.jpg

〈08.2.26データ〉
リスドオル 200g タイプER 50g 
元種130g 塩4g きび砂糖12g
水 140CC 

室温 21~22度
一次発酵 6時間45分(発酵ヘルパー使用)
ベンチ  15分
2次発酵 70分(お湯のコップとともにビニールかぶせて室温)
220度で20分 180度で10分 焼く

今日は、温度を若干低めに、発酵時間を長めにしてみました。いい感じ。かも。

買っちゃいました。

本日届きましたー!ひゃっほ~い。

新しい冷蔵庫が欲しい。とここ最近思っていたのであるが、条件が2つありまして、
冷凍室が2つに分かれていること、5万円台であること。

先週、たまたまヤマダ電機にいったら、欲しかったタイプの冷蔵庫が現品限りのお買い得になっていた。5まん6せんえ~ん。ちょっと(2日ほど)迷って購入し、「納品は一週間後に」とお願いしてひたすら中身の消費に努めてまいりました。
冷蔵庫って届いてすぐには電源入れちゃいけないから(1時間待つ)できるだけ中身を減らそうと頑張ったわけです。が、

ここは信州今は冬。待ち時間に屋外に出しておいた食品は、きんきんに冷たかった。冷凍品もぜんぜん溶けてない。外気温は冷蔵庫の中よりも、ずっと低いのでした。ちゃんちゃん。



ぐふ。鯛焼きアイスの買いだめも出来ちゃうよ。
SSCN6450.jpg

シナモンロール

『かもめ食堂』という映画の中盤にシナモンロールを作るシーンがあって、ほりさんも私もこのシーンが一番好き。

昨晩DVDを見ていたほりさんは、当然シナモンロールが食べたくなった。
熱烈なリクエストに答えて、生地にもカルダモンをたっぷり練りこんで作りました。捏ねている時からい~い匂い!3時半に焼きあがったので、あつあつをおやつに食べました。


バター・砂糖・スパイスをふった生地を端から巻くほりさん。(小林聡美になったつもり。)
SSCN6442.jpg

成型も上手く出来ました。
SSCN6441.jpg

〈08.2.24データ〉
はるゆたか 250g 
元種120g 塩4g きび砂糖20g
水 140CC カルダモン 適宜 
バター15g

巻き込み用に バター10g グラニュー糖 シナモン カルダモン

室温 20~23度
一次発酵 5時間30分(発酵ヘルパー使用)
ベンチ  なし
2次発酵 50分(お湯のコップとともにビニールかぶせて室温)
190度で15分 焼く

本を見たら、シナモンロールはベンチタイムはとらなくて良いとあった。なぜだろう?

会心の出来

今日の麻婆豆腐、すごーーーく美味しく出来た!
今まで作った中で最高かも。


NHKのみんなのきょうの料理というサイトで調べて、陳建民 さんと中川優さんのレシピを参考に。いつも適当に作っていたけど、きちんと作るとやっぱり美味しい。
ポイントは、豚挽き肉を香ばしくなるまで良く炒めることかなぁ。香りがすごく良くなりました。
挽肉は、豚バラスライス肉を刻んで使いました。

黒糖ロールパン

今回も、昨日の夜にこねた生地を寝てる間に発酵させた。ちょっと仕込が遅めだったので、焼き上がりはお昼前に。それでも、午後が自由になるのは便利です。

生地が一緒なら、パンの形は何でも一緒ではないかと思っていたのであるが、ロールパンに成型すると食感が違うことに最近気がつきました。リボンのように裂けるところが楽しいので気に入ってます。

思いついて、砂糖の代わりに若干大目の黒砂糖を入れてみたが、このくらいではあまり味がしなかった。次回はもうちょっと入れてみよう。


〈08.2.21データ〉
はるゆたか 250g 
元種130g 塩4g 黒砂糖20g
水 140CC 

室温 17~21度
一次発酵 11時間30分(最後の2時間半のみ発酵ヘルパー使用)
ベンチ  15分
2次発酵 60分(お湯のコップとともにビニールかぶせて室温)
200度で13分 焼く

カンパーニュ

久しぶりのカンパーニュ。

今回は、寝てる間に一次発酵させました。
前に試したときは気温が高かったせいか、朝起きたら大変な過発酵になっていたのですが、今回はいい感じ。夜9時半にこねて朝7時に見たら7割がた、発酵していました。追加でちょっと暖めて一次発酵完了。焼き上がりが10時45分。


〈08.2.18データ〉
リスドオル 250g 
元種130g 塩4g きび砂糖12g
水 140CC 

室温 17~18度
一次発酵 11時間30分(最後の1時間半のみ発酵ヘルパー使用)
ベンチ  15分
2次発酵 60分(お湯のコップとともにビニールかぶせて室温)
220度で20分 200度で10分 焼く

味噌仕込み

毎年恒例の味噌の仕込をしました。今年で3回目。自分ちで作った味噌は本当においしいから、もうやめられません。豆を煮るのに少し時間がかかるけど、作業は実質1時間ちょっと。これで、1年間美味しい味噌が食べられる~。るん♪

前日から水に漬けた大豆を、蒸らしも含めて4時間半くらい茹でた後、ミンサー(挽肉機)でつぶすほりさん。去年のヨーカドーの見切り品市で2000円くらいで買いました。1年目はすり鉢でつぶしたんだけど、これがあるとあっという間に出来ます。便利。


つぶした大豆に麹と塩を混ぜて、甕に詰めます。塩で蓋をして、後は待つだけです。
今年の大豆は北海道十勝産の『とよまさり』1.5kg、麹は萬年屋のを2kg、塩が720g。
SSCN6404.jpg

ついでに今日の晩ご飯
豚肉の生姜焼き
ちぢみほうれん草のおかかあえ
トマト・さつまいも・ブロッコリー
ひじき豆
手綱こんにゃくの辛みそ炒め
野沢菜
油揚げとえのきのお味噌汁
SSCN6402.jpg

冷凍餃子

今日の晩ご飯は焼き餃子。
こないだの水餃子の残りを冷凍しておいたものです。
もちっとカリッと焼けました。水餃子もいいけど、こっちも捨てがたいなー。


晩ご飯
焼き餃子
とろろ汁&麦ご飯
ニンジンのピーナツバターあえ
ワカメとしらすの酢の物

ライ麦入りのエピ

酵母ちゃんいい感じに育っています。

容器の熱湯消毒をこまめにして、酵母の敵の納豆を食べたらすぐに食器とパックを水で洗い流します。ついでに歯も磨きます。納豆と酵母ちゃんは、けして同時に登場させないようにします。気休めかもしれないけど(笑)

そんなわけで、いまの所納豆と酵母ちゃんは共存しております。このまま上手く行きますように。

今日のパンは、ライ麦粉を10%入れたパン。
りりさんに教えてもらったエピに挑戦した。やっぱりちょっと太っちょだけど、前よりはずーっと上手く出来ました。(^^)りりさんありがとう!
SSCN6382.jpg

エピは刻んだベーコンと黒胡椒入り、丸いのにはチーズが入っています。

〈08.2.15データ〉
リスドオル 225g
ライ麦粉   25g 
元種130g 塩4g はちみつ10g
水 140CC 

室温 20~21度
一次発酵 5時間30分(発酵ヘルパー使用)
ベンチ  15分
2次発酵 60分(お湯のコップとともにビニールかぶせて室温)
220度で13分焼

ガトーショコラ

チョコレート博士のでぐやんの教えにより、我家の冷蔵庫にはいつもガーナチョコレートが入っています。最近は、ブラックのガーナがお気に入り♪

そのガーナの空き箱の裏側に、スィーツレシピが乗っていた。簡単すぎず難しすぎず、ちょっとやる気にさせる所はさすがです。「バレンタインデーに作ろう!」というと、ほりさん大喜び。わーいわーい。

ところが、昨日までは先日いただいたケーキがまだ残っていた。ケーキがダブるのは困る。それに今日だったらパンを焼く日だしーオーブンも効率よく使えるしー、という主婦的理由で本日焼きました。
SSCN6367.jpg

ちょっと型からはみ出してしまったけど美味しそうに焼けたよ~。

ほりさんの手打ちうどん

先日餃子の皮を全部自分で作って、粉ものの楽しさに目覚めたほりさん。
次はうどん!うどん、いつにする?と大張り切りなので今日は手打ちうどんにすることに。

だかしかし、約束の6時には帰ってこない。仕方なく、第一段階だけは私がしておきました。
(粉250gとぬるま湯125CC、塩小さじ1弱をボウルに入れてお箸で混ぜ混ぜしてそぼろ状になったらビニール袋に入れる。)
生地を暖かい所で30分寝かせた頃、ほりさん帰宅。不思議なことに、さっきはそぼろ状だった生地が、まとまってそれらしくなっている。何にもしてないのに!
早速10分こねて、のばして切る。


ちょっと太さはばらばらだけど、ちゃんと打てました。(^^)
まずは、釜揚げうどん。腰は弱め、柔らかくてふわっとした食感がいい感じ。
SSCN6360.jpg

そしてざるうどん。腰が強くてつるつる~。こっちの方が美味しいかも。
SSCN6363.jpg

二人で250g食べました。すごいね~250gいけちゃうんだ。パンだったら、250gで朝食3回分ある。うどん、あなどりがたし。
他には、
鰤の塩焼き
トマト・カボチャのソテー
青梗菜とボロニアソーセージのペペロンチーノ風炒め
黒豆

祝!お誕生日

本日は私のお誕生日。例年、お誕生日記念雪遊びツアーに行ったりしていたのですが、今年は雪遊び自粛中なので温泉へ。三郷のファインビュー室山に行ってきました。ちょっと熱めのお湯でした。露天風呂からの景色が最高!

家に帰ったら、仕事を貰っているトンボ玉の先生からお誕生日ケーキが届く。なんか逆のような気もするのですが、誕生日には毎年いただいています。チョコビスケットにお名前書いてあって、ちょっと照れます。ケーキは諏訪の丸安田中屋のチーズケーキ。


今日の晩ご飯は、お祝いの席にぴったりの水餃子。(中国では縁起のいい食べ物なんだって。)ほりさんが皮担当、私が餡担当です。ウーウェンさんの本を見て作りました。素晴らしいチームワークの結果、完成した餃子。
SSCN6343.jpg

熱湯で茹でること4~5分。
SSCN6342.jpg

皮がもちもちで美味しい!黒酢と針しょうがをつけて食べます。
SSCN6341.jpg

そして、食後にはケーキにろうそく。ホントは40本だけど、全部立てるとケーキが蜂の巣のようになってしまうので4本。(^^;;;
ちゃんと歌も歌ってもらって吹き消しました。自分で買ってきてまではやらないけど、けっこう嬉しいもんですね~。えへへ。
SSCN6340.jpg



地味なご飯

本日のじみぃ~~な晩ご飯。だがしかし、ちょっと風邪気味だったほりさんが、
「なんか今日の晩ご飯食べたら元気でた。」という。
私も地味ご飯の方が、翌日の体の調子はよい。
肉をがっつり食べて元気が出るのは、成長期の人だけなのかも。

里芋とさつま揚げの煮物
鰯の丸干し
切干大根(昆布・さつまあげ・にんじん)
野沢菜・キムチ
シメジと油揚げのお味噌汁

SSCN6319.jpg

大雪の中わざわざ・・・

全国的に大雪だった今日ですが、松本市でも午後から雪になりました。いい降りです。
重めの湿った雪で、あっという間に積もりました。

雪が積もると、なんとなく嬉しくなってお出かけする堀金家。だって、いつもの裏道はすいているし、スーパーマーケットもガラガラで楽しいんだもん。

晩ご飯
湯豆腐
鰯の丸干し
マグロのお刺身
大根サラダ
ワカメと麩のお味噌汁
ひじきと豆の混ぜご飯
野沢菜


今日の午後2時、じゃりの駐車スペースに積もり始めた雪。前の雪も残ってて、なんだか世界地図みたい。
SSCN6315.jpg

くるみロール

今日の日差しで、庭の雪がずいぶん溶けました。
撒いておいた米ぬかと節分の豆まきの豆が雪の下から出てきたようで、雀の団体さんが来てます。大豆は雀にはちと大きいと思うのですが、果敢にくわえて飛んでいきます。どうやって食べるのかなあ?(^^;


今日のパンはクルミ入り。半分はロールパンに成型、半分はあらく砕いたチョコレートを混ぜました。
SSCN6305.jpg

〈08.2.8データ〉
はるゆたか 250g 
元種130g 塩4g 砂糖12g
水 140CC バター15g
山梨産クルミ 適宜

室温 20~21度
一次発酵 6時間30分(発酵ヘルパー使用)
ベンチ  15分
2次発酵 60分(お湯のコップとともにビニールかぶせて室温)
210度で14分焼

煮豚のトマトセロリソース

特売だった豚肩ロースの塊肉。いつもならローストポークにするところであるが、低脂肪でバランスの良い食事、というお題を抱えている昨今の晩ご飯事情なので、煮豚にしました。

セロリの葉・ニンニク・生姜の皮など入れたお湯で塊肉を茹でます。沸騰したら5分弱火、15分は火を止める。これを3~4回繰りかえすと、ちゃんと火が通ってしかもしっとり柔らかい煮豚になるのだ。最近発見しました。(もしかして常識???)

蒸しキャベツの上にスライスした煮豚、たっぷりのセロリの葉っぱと缶詰のトマトで作ったソースを乗せて食べました。おいちー。


他には、
サニーレタス・かにかまぼこ・ポテトとコーンのサラダ
シメジとキャベツのコンソメスープ

【実験】ガッテン流水炊き

こないだためしてガッテンでやっていた、博多の水炊きの作り方を試す時が、ついに来ました。
今日はお客さんだからね。(ちんまり2人分作るよか、美味しそうでしょ。)

作り方、まず沸騰したお湯に手羽先を入れて弱火で30分煮る。さらにもも肉を入れて30分煮る。火を止めて30分置く。ここまでが、下ごしらえです。これで、コラーゲンたっぷりのスープと、ホロッホロの鶏肉が出来上がるらしい。



博多風鶏の水炊き(4人分)
鶏手羽先10本
鶏もも肉2枚
鶏挽肉団子(鶏ひき肉・ネギ・しょうが・たまご・塩コショウ)
キャベツ・ネギ・しめじ・えのき
ラーメン

スティック野菜(セロリ・大根・スナップエンドウ・きゅうり)&味噌マヨ

【実験結果】
とても美味しい鶏スープが取れて、しかもお肉も美味しい。手羽先が、ぜんぜん油っぽくなくてほろりと骨から身が外れます。もも肉もやわらか~い。
ポン酢で食べる、とあったけど、塩&柚子胡椒、塩&ラー油で食べました。
野菜は、白菜よりもキャベツだそうです。甘くて美味しいです。最後は、中華麺を茹でて投入し、鶏スープのラーメンにしました。コラーゲン効果か、翌朝なんとなくお肌の調子がよいような。(^^)

お客さん&ほりさんが腹ペコで帰宅したので食事中の写真は撮り忘れた。ち。

クッペ

チーズやチョコを入れて遊ぼうと思っていたのに、ソファでちょっとお昼寝している間に一次発酵ばっちり終了。大慌てで丸めたので、具材を用意する時間がなかった。


〈08.2.5データ〉
リスドオル 250g 
元種130g 塩4g 砂糖12g
水 140CC

室温 20~21度
一次発酵 6時間30分(お盆に乗せてオイルヒーターの上に置いてみた)
ベンチ  15分
2次発酵 60分(お湯のコップとともにビニールかぶせて室温)
220度で13分焼

まるかぶり

行事が大好きな堀金家なので、当然今日は豆まき。
晩ご飯は、巻き寿司のまるかぶりです。
京都の実家では昔から毎年食べていたけど、このごろは全国でやるみたい。
楽しいから広まったんだねーきっと。

今年の巻き寿司は、1本だけ私がお手本で作って、あとの4本はほりさんが作りました。
中身は、玉子焼き・かにかまぼこ・三つ葉・きゅうり・しいたけ・かんぴょう


タイヘンなので、2本目からは切って食べました。
初めてにしては、上出来!
SSCN6273.jpg

鰯の丸干し&大根おろし
高野豆腐・ニンジン・干ししいたけの煮物
ほうれん草の胡麻和え
アサリと三つ葉のお味噌汁
SSCN6275.jpg

私の分の豆。これだけ食べるのは、けっこう大変です。(^^;
SSCN6278.jpg


節分の大雪

今年は雪が降らないなあと思っていたら、先日に引き続いて今日も大雪。
夕べ一晩降っただけでは足りずに、今日も朝から晩まで降っています。

梅の木にも


石榴の木にも
SSCN6254.jpg

切り株ベンチにも
SSCN6261.jpg

ご近所中、雪かき合戦が繰り広げられているので、家も雪かき。
SSCN6263.jpg

気持ちいい!

ちょっと早いけど、ほりさんからお誕生日プレゼントをもらった。

前から欲しかった、GLOBALの包丁です。


ためしにトマトを切ってみた。柔らかめでもスパッと切れます。きもちい~。

お気に入り

ほりがねさんちは真冬でも冷凍庫にアイスが欠かせないのですが、とても気に入っているのはこれー!


井村屋だけあって、他のメーカーよりもあんこが美味しいです。
ちょっと離れたスーパーマーケットにしかなくて、夏場なんかは決死の覚悟(笑)で買いに行っていたんだけど、最近すぐ近くのドラッグストアーに売ってるのを発見しました。歩いても買いにいける!

幸せの青い鳥はすぐ近くにいたんですね~。のほほ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。