お料理すること食べること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の梅は

今年も、庭の梅の木にはたくさん実がなりました。
だがしかし、梅酒も梅干しも、まだストックがたくさん・・・。どうしようかなぁ。

そうこうするうちに、梅がぽとぽと落ちだしたので、落ちた分だけ拾ってジャムにする。という作戦に。
きれいなところだけを使って、同量の砂糖を入れてあくをすくいながら10分程煮れば完成です。
ほぼ1週間の間、毎日ひと瓶(500ml)のジャムができました。パンにつけたり、溶かして梅ジュースにしてがんばって消費します。
完熟の梅は酸味がマイルドで、桃のような香り。きれいなオレンジ色もいい。


これで今年の梅仕事は無事終了♪と思っていたのに。

先日、いつもの八百屋に行ったらこんなきれいな南高梅がー。我が家好みの小さめサイズ、1キロ200円というお値段。ついつい2キロ買っちゃいました。あーまた仕事が増えるよ。よせばいいのにねー。(笑)
DSCN5251.jpg

晩ごはんの前に、我が家の男子を総動員して梅のへた取り。(約1名邪魔してるように見える人がいるが、地味に役に立ってます。)
DSCN5272.jpg

お風呂の後、15%の塩につけました。完熟で香りがいいから、赤シソはやめて白梅干しにしよう。
DSCN5273.jpg

今こんな感じ。必殺水の重し!で梅酢が上がってきました。
DSCN5277.jpg

必殺水の重しとは、ビニール袋を2枚重ねて、中の袋に水を入れて重しにすること。
スポンサーサイト

塩こうじ はじめました

こないだ、スーパーマーケットで鮭の塩こうじ漬けを買いました。そしたら、ほんのり甘くてしょっぱくて、ふんわり麹の香りがして、とても美味しかったのである。
 
そうかー。塩こうじって、こうやって魚や肉をつけておくといいんだ。と今さらのように気がついて、作ってみることにしました。
陽がうまれる前には自家製酵母ちゃんも育てていたホリガネさん。もともと発酵ものは好きなのです。

湯冷ましに塩と麹を混ぜて瓶に入れます。1週間、毎日かき混ぜればいいそうな。上手くいくかな。
とりあえず、メモ代わりにアップ。

5月18日 午後7時スタート

2011年 漬物計画

今年の漬物のテーマは、『「あー、もうちょっと食べたかったなあ」でなくなる量。』

まずは沢庵。
用意したのは、干し大根3150g 塩189g(干し大根の6%) 米ぬか300g たくわん漬けの素適宜 ザラメ・柿の皮・昆布
DSCN3264_01.jpg

たくわん漬けも3回目のはーちゃん。手順はしっかり覚えています。(^^)
大根、ぬかと塩を混ぜたもの、ザラメ、柿の皮、昆布 の順に樽に入れていきます。
DSCN3269_01.jpg

隙間がないようにきっちりとね。来年当たりは、お任せできるかも。そして4~5年後には母はノータッチでも毎年たくわん漬けが出来上がるのだ。のほほほ。(母の妄想)
DSCN3276_01.jpg

家中の重いものを乗せて、2、3日で水が上がってきました。後は待つだけ♪来年初めくらいには食べられるかな~。
DSCN3286_01.jpg

野沢菜漬け、今年は切り漬けにしました。1束4キロ弱が、この瓶2つとタッパーひとつになりました。これなら冷蔵庫に入るので、寒い夜に外に野沢菜取りに行かなくても済む。ひゃっほう!
DSCN3284_01.jpg

ちょっと季節外れだけれど、直売所で小さめのきゅうりが安く売られていたのでピクルスも漬けました。
塩漬けしたきゅうりを瓶に詰めて上からお酢を注ぎ、お酢だけ鍋に戻して砂糖少々、香辛料をいれて煮立て、さめたら瓶に戻します。この方法だと、ピクルス液が無駄なく作れるので気に入っています。

今年の干し柿

今年は初めて、八百屋さんで渋柿を買いました。15個で350円です。毎年山のようにいただいていたので、ありがたみを実感。(あ、催促ではありませぬ!某MARIAさん^^;;;)

家のはーちゃん、干し柿が大好き。ほっとくと無限に食べるので、朝夕1個ずつと決めているくらいです。
渋柿って、皮を剥くと手が糖分でベタベタになるんです。でもすぐ食べるとシブシブ。
茶色くなるまで干すと、とろんと甘い干し柿になります。昔の人は、いい方法考えたねぇ。



大迫力

実家の食品庫から貰ってきた素麺がとっても美味しかったので、インターネットで注文。
本日届きました。どどーんと130束!

1回に6束は食べるので、20回くらいでなくなる計算。今年と来年の分。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。